大阪地震で災害派遣を行う自衛隊が夜遅くまで活動し続ける姿に感謝の声続々






2018年6月18日の午前7時58分ごろ、大阪府北部を震源とした最大震度6弱の地震が発生しました。

建物が倒壊したりライフラインが使用できない地域があるなど、地震による被害状況が続々と報告されています。

大阪地震による災害派遣

2018年6月18日の午前7時58分ごろ、大阪府北部を震源とした最大震度6弱の地震が発生しました。

建物が倒壊したりライフラインが使用できない地域があるなど、地震による被害状況が続々と報告されています。

予想以上の被害の大きさに、住民たちの安否が気遣われます。

自衛隊は今回の地震が発生してからわずか2分で、防衛大臣の指示による活動を始めました。

被災地へ向かったのは陸上自衛隊で東海や北陸、近畿に中国地区を任務として受け持っている中部方面隊です。

地震が起きて活動開始までの時間が、たった2分だけとは凄いですね。

大阪府の避難場所で自衛隊は、断水となった地域への給水活動や災害派遣活動などを行っています。

自衛隊による、被災地での活躍ぶりをご紹介させていただきます。

自衛隊による被災地での活躍ぶり

夜遅くまで…。

給水活動では自衛隊員が水タンク車から給水タンクに水を移し、大量に入れた水で重量が増したタンクを持ち運びます。

それを何度も繰り返し往復して、水を必要としている人のもとへ届けるのです。

こうした活動は地震が起きた朝から行われているのですが、自衛隊は夜がきて辺りが暗くなっても手元をライトで照らしながら給水活動を続けています。

暗い中でもライトを頼りに作業を続けてくれる自衛隊には、頭が下がる思いです。

夜遅くまで自身の任務を全うしようとしている自衛隊員の姿勢に対し、ネット上では

「いつも本当にありがとうございます!」

「大変かと思いますが、頑張ってください」

「自衛隊の人たちには、感謝の気持ちしかありません」

など、感謝の声が続々と寄せられています。

感謝の声続々!

ネット上で寄せられた感謝の気持ちがつづられたコメントは、全体的に自衛隊に対して「ありがとう」と言いたいことが伝わってきます。

例え自分が被災していなくても、人を助けるために頑張ってくれている姿を見れば自然と感謝の念が湧くものです。

そしてそれは、地震の被害にあい、今もなお被災地で不安な日々を送っている人たちにも同じことが言えるでしょう。

いきなり襲い掛かってきた災害で、恐ろしさや不安を感じた人は多いことと思います。

そんな時、自衛隊員に水を差し出されたら状況に変化はなくとも、安心することができるのではないでしょうか?

自衛隊員の中には自宅が倒壊していたり、家族が被災していたりする人もいるかもしれません。

それでもたくさんの人たちを救助するため、懸命に活動している雄姿には心を動かされる思いです。