恐ろしい謎が多く存在した…。最先端の科学者も投げ出す未解明ミステリー4選






最先端の科学者も投げ出す未解明ミステリー4選

未解明ミステリー①

現代の科学では説明できない不思議なこと4つを紹介します!

1.ディアトロフ峠事件

この事件はロシア史上、最も不可解な事件とされています。

9名の学生が冬山(ウラル山脈)で謎の死を迎えます。

こちらは事件前の笑顔の写真です。

ウラル化学大の学生と卒業生が、ウラル山脈とトレッキング(山歩き)するのですが、生きて帰ってくる人はいませんでした。

9名は雪山登山の経験者でした。

2月2日、リーダー、ディアトロフの指揮で、猛吹雪の中、テントを張りますが、その後、9名に何が起こったかはわかっていません。

ディアトロフはふもとの集落に戻り次第、電報を送ると話していましたが、1週間過ぎても連絡がなく、捜査隊が結成されます。

2月26日、捜査隊は破損したテントを見つけます。テントは中から切り裂かれていました。

テントの外で6名の遺体を発見。

死因は低体温症でした。

残りの3名は頭蓋骨と肋骨を骨折していました。検死をした医師によると…。

「自動車事故にでも合わないとこうはならない」

という見解でした。また、スキーウェアからは通常ではありえないほどの放射線が検出されます

捜査官の報告書では、原因不明の未知なものにより死亡とされています。

なぜ雪山登山の経験豊富な若者が、テントを中から切り裂いて脱出したのでしょうか。なぜ薄着で靴も履いていなかったのでしょうか。

また、他のメンバーの服を着ている者がいたのはなぜなのでしょうか。

雪崩説、UFO説、ロシア軍の秘密基地説、テントで火事が起こった説など様々な説がありますが仮説の域を出ません。

事件から40年後の1990年に公開された公式記録では、飛ぶ発光体を見たという証言を報告後、組織の最上部からこの調査委員を解任されたという元捜査官の証言が記録されています。

2.ダンシングマニア

1518年のこと死ぬまで踊り続けるダンシングマニアが現れました。

1518年7月、ファウルという女性が音楽もなしに突然路上で激しく踊り始めます。1週間もしないうちに34人が加わりました。

踊り続ける人はどんどん増えていき、1ヶ月後には400名まで達したとされています。

最終的に100名以上が死ぬまで踊り続けたそうです。

心臓発作や脳卒中、過労のために亡くなっています。

医師のメモや地元の年代記によると、ダンシングマニアが実際に起こったことはわかっていますが、なぜ死ぬまで踊り続けたのか、自発的なものなのか操作されていたのかなどは未だにわかっていません。

続きは、次ページでをご紹介します!