寄付発言の批判を一蹴した本田圭佑の返信が秀逸だと話題に!






西日本豪雨の被災地に対して、サッカー日本代表の本田圭佑選手が2018年7月20日に、被災した方々に寄付をする旨をTwitterで発言しました。

本田圭佑・寄付発言

しかし、ある程度の金額を一時的ではなく、長期にわたって寄付しようとした本田選手に対して、その行為を批判するコメントが続出しているとのこと。

さて、心無い批判に対して本田選手はどのような切り返しをしたのでしょうか?

本田圭佑・偽善者

先の豪雨災害は、平成で最大の被害を及ぼしました。死者が200人を超え、多くの浸水した民家の普及など、人々が猛暑の中で復興に向けて働いています。

そんな被災地に心を痛めた著名人の方々が支援を表明する中、本田選手も「毎月10万円を1年間寄付」と宣言。長期にわたる寄付内容に、被災者に対する思いを感じます。

心を寄せるコメントも発言されていますが、このツイートに対して批判のコメントが寄せられました。

「偽善者!」

「そんなこと、いちいちいわずに黙ってやればいいのに」

残念ながら、著名人に対するこのような批判はよくあることです。普通このようなコメントには反応しないものですが、本田選手は違いました。

批判に対して、見事に切り返したのです。

本田圭佑・見事な切り返し

顔や実名も出さず批判ばかりしている人に対して、本田選手は次のように返信しました。

心無い批判に頭に血を登らせることもなく「一緒に寄付しましょう!」と逆に寄付を誘った見事な切り返し。この本田選手の返信内容に、多くの人が共感するコメントを寄せました。

ネットのコメント

「くだらないリプライにも丁寧に対応するところはプロだと思います」

「さすがケイスケホンダ!」

「体裁なんかどうでもいい!困っている人の役に立てばそれでいいですよね」

「自分に影響力があることを自覚して発言していますね」

寄付やボランティアをする著名人にたいして、批判をする人は今回だけではありません。

しかし、本田選手の「批判する人をも巻き込んだ支援の繋がり」作戦で、より多くの支援の輪が広がるといいですね!