空き缶を使用してネット環境を3倍早くする方法。 簡単に出来るので今すぐチェック!






情報社会の現代においてインターネットは、私たちの生活に欠かせないものになりました。接続が途切れたり、少しでも遅かったりするとついイライラしてしまいますよね。

そんな時に役に立つ、空き缶を使用してネット環境を3倍早くする方法を紹介します!

空き缶を使ってネット環境を早くする方法

その方法は簡単なので、以下の手順でやってみてください。

まず、空き缶を内側まで綺麗に洗って乾燥させます。

①乾いたら切り離さないように上部を切断。

②底を切って缶をこのように縦に切っていきます。

③パラボラアンテナのように缶を開きます。

④ルータの上に開いた缶を置き、アンテナを飲み口の穴に入れます。

不安定な場合は、缶がズレないようテープで固定しても大丈夫です。

遅くなる原因は、回線をみんなでシェアする形になるため、ユーザーが増えるとその分ネットの速度が遅くなっているのです。

この方法である程度速くなればいいですね!

ネットのコメント

「今丁度めちゃくちゃ遅いんだよ。タイミング良すぎ。」

「これで速くなったら 無線ルーターのメーカー立場ないね」

「特に高層マンションの場合は世帯が多いからネット速度が遅くなるんだよね!」

「本来空き缶がなければそのまま通過していたはずの電磁波反射するなりして、ある程度抵抗となってるわけ。つまり空き缶方向など一部の方向を犠牲にして、指向性持たして増強してるだけだから、飛ばない方向生まれるより中継器買えばいいのにwってメーカー側は思ってそう。」

などのコメントが寄せられました。

参照元記事:https://ameblo.jp/top34/entry-11841193479.html