なぜ、ホホジロザメは水族館にいないのか? 実は展示するのが難しいサメだった!?






なぜ、ホホジロザメは水族館にいないのか?実は展示するのが難しいサメだった!?

映画「ジョーズ」のモデルにもなったホホジロザメ。今回はなぜホホジロザメは水族館にいないのかを紹介します!

ホホジロザメ

ホホジロザメの体長は平均で4m〜5m、体重は700kg〜1100kgほど。

映画「ジョーズ」での設定は体長8m、体重3000kgでしたが、ジンベエザメとウバザメに次ぐ大型のサメです。

日本近海でホホジロザメが水揚げされた例はいくつかあり、最近だと2015年に三重県沖、2016年12月にも三重県沖の熊野灘付近で見つかっています。

日本では沖縄の美ら海水族館で2016年1月5日から、約3.5mのホホジロザメを展示し始めました。

成体では世界初となる事例で期待されましたが、4日しかもちませんでした。多くの水族館が飼育を試みたのは1970年から1990年代にかけて。

エサを食べなかったり、泳げなくなったりという問題が起こり、元の生息地に返したり、飼育開始から間もなく、亡くなってしまうホホジロザメが続出しました。

ほとんどの水族館が諦めていた中、ようやく一筋の光が見えてきます!

次のページで、詳しくお伝えいたします!