AB型の人が献血に行くと大歓迎される理由! この理由は知らなかった!?






日本人の血液型といえば、最も多いのがA型、続いてO型、B型、最も少ないのがAB型です。AB型の血液は人数が少ないため希少なのですが、実は「特別なこと」にも使用されています。

AB型の献血

それは白血病など「骨髄移植」の際、AB型の「血小板」が必要だからです。骨髄移植を受けると、血液を造り出す元である骨髄液が変わります。

それにより造られる血液も変化し、血液型が変わってしまう事があるようです。そのとき、体の中で反応して血液が固まってしまう危険性があり、AB型の「血小板」が必要とされます。

AB型の血小板はどんな血液型にも対応できるので、凝固を防ぐために骨髄移植後は血液型が決まるまで輸血されるそうです。

AB型の血液には役割がある

AB型の血液は、他の血液型にはできない役割があります。

しかし、AB型の人は人数が多くないので、思うように集まっていないようです。

最後に、輸血には「新鮮な血液」が必要です。

「自分は健康だ」と思われる方、ぜひ「献血のご協力」をお願い致します。

自分の血液が困った人の役に立つなんて、とても嬉しいことですよね(^^♪