被災者から救助のお願いをされる高須院長!しかし、救助を断った…。→その真意に称賛の声






高須克弥院長に、被災者からのSOSが届きました。高須院長は、医者ですが多額の寄付やヘリで救援物資を届けるなど、災害時にさまざまな形で救助活動をしている人としても知られています。

しかし、高須院長は意外にもこのSOSを断ったのです。一体何があったのでしょうか?

被災者から救助のお願いをされる高須院長

「平成30年7月豪雨」と名付けられた、西日本を中心に降り続けた記録的な豪雨。

各地で家屋浸水や土砂崩れなど、甚大な被害をもたらしました。

救助を求める被災者の声が、Twitter上でも数多く投稿されています。

そんな中、高須克弥院長に被災者からのSOSが届きました。

高須院長は医者ですが多額の寄付やヘリで救援物資を届けるなど、災害時にさまざまな形で救助活動をしている人としても知られています。

画像出典元:livedoor.blogimg.jp

投稿者さんの中には

「高須院長は人助けに積極的な人だから助けてくれる」

「拡散してくれる」

といった考えがあったのでしょう。

しかし、高須院長は意外にもこのSOSを断ったのです。

なぜ、高須院長は被災者の求めに応じなかったのでしょうか?

次のページで、詳しくお伝えいたします!