被災者から救助のお願いをされる高須院長!しかし、救助を断った…。→その真意に称賛の声






高須克弥院長に、被災者からのSOSが届きました。高須院長は、医者ですが多額の寄付やヘリで救援物資を届けるなど、災害時にさまざまな形で救助活動をしている人としても知られています。

しかし、高須院長は意外にもこのSOSを断ったのです。一体何があったのでしょうか?

被災者から救助のお願いをされる高須院長

「平成30年7月豪雨」と名付けられた、西日本を中心に降り続けた記録的な豪雨。

各地で家屋浸水や土砂崩れなど、甚大な被害をもたらしました。

救助を求める被災者の声が、Twitter上でも数多く投稿されています。

そんな中、高須克弥院長に被災者からのSOSが届きました。

高須院長は医者ですが多額の寄付やヘリで救援物資を届けるなど、災害時にさまざまな形で救助活動をしている人としても知られています。

画像出典元:livedoor.blogimg.jp

投稿者さんの中には

「高須院長は人助けに積極的な人だから助けてくれる」

「拡散してくれる」

といった考えがあったのでしょう。

しかし、高須院長は意外にもこのSOSを断ったのです。

なぜ、高須院長は被災者の求めに応じなかったのでしょうか?

高須院長が断った理由

高須院長はこれまで数々の災害において、積極的な支援活動を行なってきました。

しかし、あくまでも彼はただの一般人です。

専門知識を持つ自衛隊や消防隊がすでに現地で活動しており、素人の自分が今出ていけばかえって彼らの邪魔になってしまうと高須院長は考えました。

ですから謝罪を添えたうえで、「ヘリコプターは出せない」と丁寧に断ったのです。

被災地の倉敷市には個人からの支援物資が届いているのですが、それが救助活動を行う自衛隊の通行の妨げになっているという問題も生じています。

高須院長の危惧していることが、実際に現地で起こっているのです。

高須院長も、助けたいと強く思う気持ちはあったことでしょう。

しかし、これらのことを考慮し、高須院長は自主的に救助活動を自粛することを選んだのです。

高須院長に対するネットの声

助けたい気持ちを抑え、力を1番発揮できる状況はいつかを冷静に見極めようとする高須院長には、素晴らしいの一言です。