陸上自衛隊が実践している「けが人の運び方」。この簡単な知識で命が救えますよ!

今回の大阪北部地震で、陸上自衛隊が実践している「けが人の運び方」の動画が話題になっています。簡単な知識で多くの人の命が救われるかもしれません。

陸上自衛隊が実践している「けが人の運び方」

建物の多い都会では、建物の損害から人命に関わる負傷に発展することがあります。

もし、目の前で人が意識を失っていたら…。

そんな時に、使える簡単な「けが人の運び方」を紹介します。

負傷者に意識がある時

背負い搬送が良いとされています。

負傷者自らが多少なり肩や腕を掴んでくれることで、搬送中も体幹が安定する。

負傷者に意識がない時

負傷者をうつ伏せにします。

上体を起こし腰から立ち上げます。

お腹を背負うようにして抱え込む。

負傷者を下ろすときは、足を軽く折り曲げて、かかとから降ろす。

今回、こちらの動画「けが人の運び方 一人で運ぶ編」からまとめました。